北海道からの引越し見積もり|安くする方法

北海道から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、北海道から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

北海道から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

北海道から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
このページの下の方にある、各引越し先別のページからごらんください。

 

北海道内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、北海道内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越しの見積もりについてですが、引越し屋さんもいろいろあってどこがいいのだか?引越し各社の料金を比べてから、一番条件のよい業者に決めるのがよいです。なぜ引越しの見積もりが必要なのかというと、まずは、見積もりを出してもらうことでどのくらいの料金で引越しできるのか値段だけでなくサービス内容についても比べることでベストな選択ができます。引越しの見積もりは、どこの引越し業者でもやっています。実際にどうやって見積もりしてもらうかというと、まずは引越し見積もりをしてもらう日時を決めます、そうすると、引越し業者の営業担当が訪問して見積もりをしてくれます。引越し見積もりの計算のやりかたは、基本的にどこの業者も似たようなものですが、荷物全体の容積がどのくらいになるのか、荷造りは業者に頼むのか、自分でするのかなどを確認します。さらには移転先までも距離や引越し先での荷物の搬入のしやすさなどもといったことなどを総合して見積もりをしてくれます。見積書をもらったら、比較検討をして、最も条件がよい引越し業者に決めますが、3社くらいから見積書を出してもらうことでほぼ同じようなサービスないようであれば価格の差がどれくらいあるのかを知ることができますし、価格が同じくらいだった場合、対応やサービスのよさを比べて選ぶことができますので、やはり引越しの見積もりは数社比較をしてみることでお得な引越し会社を見つけることができますね。

 

■引越しの見積もり比較
引越し業者は、絶対に見積もりを比較してから選びたいですね。引越し各社の見積もりを比較する場合には、一体どんな点を比較すればいいと思いますか?もちろん何を比較するかといえば、まずは、価格を比べるのは価格以外のサービス内容でも比べておくことが大切なことです。どんなことかといいますと、引越し業者の見積もりを比べる場合は、引越しプランが同じ場合でも、ダンボールやガムテープの他にも、ハンガーボックスなどもあるのかとか梱包材料はどうなのかといったことも、各社の見積もりを比べる場合には確認してみるとよいでしょう。業者によって、引越しのを依頼をするとなにかのプレゼントがもらえるとかサービスを行っているところもありますし、箪笥の中身をそのままでも運んでくれるというところもあれば、中身を出さなければ運べないというところもあります。引越し会社から見積書をもらったら、3社くらいは見積もりを依頼して、引越しの見積もりを比べてみるのがいいですね。数社から見積書を出してもらうことによって、どの引越し業者が値段的に安いのか、サービス面ではどの引越し業者がよいのかがわかるので、それで業者を決めることができます。なので、引越し見積もりは、意外に金額さがあることもよくあることなので、いくつか比較してみるのが一番いいと思います。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金は、何をもとにして決まってくるのかということなのですが、引越し料金の内容についてなんですが、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから成り立っています。最初に引越し料金の運送費ですが、運賃と作業の料金が運送費の主なものです。引越しに使用するトラックの大きさや作業量はどのくらいの時間になるのかどのくらいの距離荷物を運ぶのかによって、引越し料金は違ってきます。引越しのトラックが大きければ大きいほど引越し料金は高い価格になりますし、もちろん、使用する台数が多くなるほど引越し料金は増額になりますし、もちろん、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金の値段は高くなりますし、さらに人件費といいますのは、これは引越しの作業をするスタッフのことで、必要な作業員の数が多ければ多いほど引越し料金の値段は高くなります。さらに梱包費と交通費なのですけれど梱包費は梱包に使用するダンボールなどや梱包作業になります。交通費については高速や有料道路の料金ですから使わなければかかりません。それから保険料といいますのは引越し業者によってある場合と無い場合があります。事故などがあった場合には、保険に入っているか入っていないかは重要なポイントになります。引越し料金はこのようなことから計算されています。業者によって梱包はサービスしてくれるところもありますからよく比較をして選ぶとよいでしょう。

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しのオンライン見積もりについて紹介したいと思います。引越しのオンライン見積もりってご存知でしょうか?インターネットから、色々と引越し先の条件を入力することで、一回入力をするだけで、沢山の引越し業者から見積もりをしてもらうことができるのがこのインターネットのオンライン見積もりです。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなか大変ですが、このシステムを利用すれば一度の作業で全部できてしまうので、最近では知名度もあり、利用する人の人数も大変多くなっています。ただ、この見積もりを利用しただけでは、あくまでも目安と考えたほうがいいと思います。具体的な引越料金を見積もりしてもらうには、引越し会社の営業担当が訪問をして計算して見積もってもらうことになります。オンライン見積もりを使う人が多いのは、自分でたくさんの引越し業者に見積もり依頼をしなくてもよいという点で、自分が知らなかった引越し業者からも見積もりをもらうことができます。複数の引越し会社の見積もりを比べることで最もお得に引越しができる業者がわかりますから、一番お得な会社を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は会社によってけっこう差がありますから、安い引越し業者を選びたい方には絶対におすすめですね。

 

■引越し業者の種類
引越し業者ってどこに頼んだら一番よいのでしょう?引越し会社といっても色々な引越し会社があると思います。例えばよく名前を聞くような、大手の引越し業社だったり大手企業以外にも、中堅、中小の引越し業者もたくさんあります。また、引越し専門業者以外にも運送業者も引越しサービスをしているところも多くあります。引越し業社にはそのように多くの業者がありますがどの引越し会社を選ぶのがよいのかは、自分の引越しに合わせて決めればいいと思います。例えば、引越しをするといっても、一人暮らしで、レオパレスなどのような賃貸物件に住むという人もいるのではないかと思います。そのような場合には作業員の人数も必要ありませんので、赤帽のような軽貨物運送業者に頼めば十分なのではないでしょうか。その他、会社の独身寮に引っ越しをする場合も、引越し業者や運送業者に単身パックのようなサービスがありますので、そちらを依頼すればあまり手間をかけずに単身の引越しができるのではないかと思います。こういった感じで、引越し会社を選ぶには単身なのか家族なのかといったことや決めるのがいいと思いますし、また、引越し料金は業者によってかなり違いますので、複数の会社から見積もりをしてもらって比較をして、価格を比較して選ぶ他にもサービス内容についても違いを確認して、一番条件のよい会社を選ぶとよいですね。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引っ越し会社やプランやパックなどいろいろありますが、荷物の量や家族の都合といったことによって、引越し業者の選び方も変わってくると思います。例えば、家族で一家そろって引越す場合は、人数が多くなればなるほど、荷物も多くなると思いますので、梱包や運搬など引っ越し作業が多くなります。小さな子供がいれば、子守もしながらになりますし、一家そろっての引越しの場合は、それだけの作業量をこなす人数がいるかどいうかで、引越し業者やサービス内容を選ばなければなりません。小さい子供がいる家庭の場合ですとか、お年寄りの方も一緒に引越す場合は、子供や、お年寄りの世話も必要ですし、もちろん仕事もしなければなりませんし、引越しの準備を仕事の合間に行うわけですから思ったように作業もはかどりません。そのような場合には、らくらくパックとかおまかせパック言われるようなこちらで荷造りなどもしておかなくてもよいというサービスもある引越し業者に依頼することによって、引越しをするのも安心なのではないでしょうか。また、単身での引越しの場合では、荷物も一人分しかありませんので、一家そろって引越しをするのと違って、それほど大そうな引越しにはならないと思います。単身引っ越しパックなどがある引越し業者を選べば料金も安いですし、てっとり早くてよいのではないでしょうか。一家そろっての引越しと違って、単身の引越しは比較的楽ですから、そのように、単身向けに手軽なサービスがある引越し業者を選ぶとよいでしょう。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングというのがありますが、引越しってそんなに頻繁にするものではないですから、けっこう役に立つ情報として使うことができますよ。引越し業者ランキングで上位にランクされているところは、実際に頼んでみると、選んでよかったという業者が多いと思います。どこでこのランキングを見ることができるかというと、多数の引越し業者の見積もりを一括してできるようなサイトによく紹介されています。いろいろなランキングがあったりして、引越し料金見積が安かった業者や電話や営業マンの態度がよい業者の評価や引越し作業スタッフの態度やスピード、サービス全体などを見て引越し業者のランキングが付けられています。これから引越しをしようと考えている人は、見積もりをどこでお願いしようかと迷っている人は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場合には、引越し業者のランキングを参考にすれば、価格や仕事の質などについての評価がわかりますので参考になります。ランキングといっしょに、利用者の感想なども書かれているものもあり、実際に、利用した人が書いている感想なので、実際にどうなのかということがよくわかるので、役に立つ情報ではないかと思います。

 

■引越しの追加料金
引越業者に作業を依頼する場合、追加料金は通常は、発生することはないはずです。引越し業者と契約をしたときにお互いに取決めした料金がすべてです。なので、契約をした後にそれとは別に費用がかかるということは基本、ないといってよいのです。ですが、引越しの場合によっては、見積もりをした時の荷物の量や引越し先での搬入のしやすさなどの条件が見積もりの際にはわからずに、別途費用が発生するケースはありえます。正しい情報が伝わっていなくて、当日配車されたトラックに荷物が積み切れなかったという場合、もう一度往復したり、別のトラックを手配したりして運搬を完了させることが必要です。正確な情報を見積もりの際に自分が伝えていなかったことにより、当日の作業内容に大きく追加が加わるような場合は、追加料金が必要になることもいたしかたないでしょう。また、引越しの当日になって運搬作業を始める際に、まだ、荷造りができていなかったりして、引越し業者も梱包作業をしなければならなかったというケースもそのための料金が追加されることもあります。追加で費用が必要になるケースというのも見積もりをしてもらった時に確認しておくべきです。引越の作業を予定通りに順調に進めるためにも、追加の費用が必要にならないためにも、できれば前日まで、荷造りなどの準備は終わらせておきましょう。

 

■単身引越し
単身での引越しには単身の引越しサービスがあります。単身の人、学生の一人暮らしの人の場合には、家族で引越しをする場合とは、だいぶ事情も違ってきます。単身の引越しは食器や大型の家具も少ないですし、荷物の量もそれほど多くない場合が多いと思います。単身引っ越しの場合は、家族の引越しにあるようなダンボールや引越しの保険などといったサービス特典もあまり必要ないと思います。それよりも少しでも引越しにかかる費用を安くやってもらった方がいいという人が多いと思います。単身の引越しの場合には、梱包も簡単でいいですし、荷物を運ぶ引越し業者のトラックの助手席に乗って行くことができるというサービスを行っているプランが一般的です。単身赴任や独身者の場合にはそれ用の、また、学生の引越しには学生向けになっているような引越しプランも商品化されていたりしますので、価格的にも安いと思いますし、ちょうどいいサイズの梱包なども用意されているので便利だと思います。単身引っ越しパックはいろいろな引越し業者で用意されていると思いますから一度、各社の内容を見比べてみて、自分にとって一番都合のいいものはどれか探してみると、ちょうどいいものが見つかるのではないでしょうか。単身の引越しは家族向けの引越しに比べてお得に、手っ取り早くできてしまうでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
らくらくパックという引越プランとはどんな感じかといいますと引越しのらくらくパックというサービスは各引越し業者で商品化されていますけど、プランの名前やサービス内容はそれぞれ違うと思います。例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックという商品名になっていますが、日通の場合でしたら、ゆうゆうこんぽだったのではなかったかと思います。松本引越しセンターはたしかおまかせコースと呼ばれていたと思います。引越会社の作業員が小物類の梱包も搬出から、搬入まで何から何までやってもらえるという文字通り、らくらくに引越しができるサービス内容になっているのが、らくらくパックと呼ばれているものです。荷物の梱包、運搬、梱包の解体など業者がやってはくれますが、梱包する前の荷物の整理や仕分けなどについては、自分であらかじめしておく必要があります。引越しのらくらくパックの荷解きをやってくれるプランの場合でも荷解きまでやってくれるとは言っても荷物の片づけなどは自分がしなければなりません。しかし基本的な引越プランと比べて少し費用は掛かると思いますが、プロに任せることができるので時間がない人などではよいサービスですね。赤ちゃんがいる家族の引越などではなかなか手が離せなかったりしますから引越しのらくらくパックで引越するのが楽に引越しできてよいですよね。

 

 

北海道内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、北海道内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
自分で引越しをやろうと思っている人も、一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越し屋さんを使わずに自分で引越しする場合の、いい点、悪い点などについても、その辺も考えてから決めるのがよいかと思います。とりあえず、自分で引越しをする場合のよいところとしてはあたりまえのことですが、引越し屋さんの料金が必要ありませんから、安く引越しができるということがあります。それから、自分で引越しをしたほうが気分的に楽なこともあるかもしれません。引越し屋さんを手配した場合では、初めて会う引越し屋さんの作業員に、色々と指示をしたりこちらが頼んでいるとはいえ、気を使ったりして神経質な人は気分が疲れてしまうかもしれません。引越しを自分でやってしまえば、家族や仲間など知っている者だけでやるわけですから、楽しいというメリットもあります。しかし、自分で引越しをする場合は、良いことばかりでなくデメリットもあります。引越し業者を使わない場合のデメリットは、ひょっとして、引越し業者に頼むより高くついてしまったということもあるといわれています。仲間同士で引越しを手伝ってもらう場合は、食事をごちそうするなり何かでお礼はしますから、トラックやワゴン車などを借りてきたり実際にやってみると、引越し業者の料金よりお金を使ってしまったという話もよく聞きます。それから、引越しを自分で行うときには、引越し屋さんのように、それを専門にやっているわけではありませんので、実際にはそういうことは多いと思いますが、家具や荷物を傷つけてしまったり、アクシデントもいろいろとあると思います。ということもありますので、引越しを自分ですることはメリットもありますが困ったことも起こりがちなので、そんなことも考えて、どうするか決めるとよいのではないでしょうか。

 

■引越しの手順
引越しの手順について紹介したいと思います。できるだけスムーズに引越し作業をすすめるために、引越し作業をスムーズにこなすには手順というものがあります。いつ引越しをするのか、それに向けてどう準備をしていくのか、計画がしっかり立てられていることが引越しには重要なポイントになっていると思います。この引越しの計画がきちんとしていれば、安く、早く引越しもできますし、引越しが上手くいくのではないでしょうか。なにはともあれ、引越しをすることになったら、最初に引越しプランをきちんとつくってみましょう。引越しは何月何日にするのか、どの引越し業者に依頼するのか、だいたいの引越しの時間も考えておくことが必要です。引越しの計画をきちんと立てることで引越しが効率よく終わるかどうかは決まるのではないでしょうか。引越しのプランをつくったら次は、いきなり荷造りを始めるのではなく、まずは持っていく荷物といらない荷物を分けて、持っていかないものは処分する荷物を少なくすることが必要です。ある程度荷物の整理ができれば荷造りもスムーズになります。いらないものを処分してから始めないと、荷物の仕訳をしながら荷造りをしますから時間を浪費してしまいます。荷造り作業を早く終わらせるためには、ある程度の荷物の処分が必要です。そして引越しの当日になって、荷物を今までの家から運びだし新居に搬入して搬入後の荷物の後片付け、といった順に引越しの手順は進みます。この間にも、引っ越す前の近所への挨拶や引越し先への挨拶などいろいろあるのでやっぱり計画はしておきましょう。

 

■引越しの計画
引越しを効率的にやってしまうためには、計画をきちんと立てて行うことが最も重要ということができます。この引越しの計画がしっかり立てられていないと無駄な時間を使ってしまいます。引越しを上手くやってしまうためにも、先に引越しの計画をきちんと立てましょう。例えば、いつ引越しをするかですが、時期によっても変わってきます春先の月月は転職や入学、就職によって引越しが集中する時期で値段も高くなりますし、アルバイトの作業員が多かったり希望の日に引越し業者を手配できないもともあります。ですから、引越しの予定はなるべく早めに決めておいて可能なら繁忙期はやめておくほうがよいでしょう。その他、引越し作業をする時間なのですが、引越し業者の料金は、時間帯が遅くなれば遅くなるほど値段は安くなるといわれていますから、引越しの予定を立てる場合には、時間帯も早めに考えてくといいかもしれません。ある程度の引越しの計画が立ったら、さっそく引越し会社を数社選んで引越しの見積書を出してもらいましょう。引越しの見積もりが終わって比較ができれば依頼する引越し業者も決まると思いますので、これである程度の引越しの計画が立つと思います。引越しを依頼する業者と日取りが決まってしまえばあとは細かい予定を立てて行けばよいのでしょうか。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物はできるだけ少なくしておくのがいいと思います。引越しというのは持ち物を整理する絶好のチャンスでもあります。それに、荷造りを始める前に、引越しの荷物のある程度の仕分を先にしておくことで荷造り作業にかかる時間も少なくなります。手始めに、まずは、洋服から整理しましょう。着ることが少ない洋服、もう着なくなった洋服などを仕分けすることで引越しの荷物も少なくまります。そして引越しの準備をしながら不用品があった時には、どうするのがよい方法かということですが、リサイクルショップに売ることができるものか粗大ごみとして処分するものなのか不用品の処分についても手配をしておけば引越しの間際になってあわてなくても大丈夫です。家電などは種類によって、リサイクル法で処分方法が決められている場合がありますから、使用する電化製品処分する電化製品などの整理もあらかじめしておくといいかもしれません。引越しの荷造りに入る前に荷物の処分をしておくとスムーズに引越しの荷造りをすることが出来て少ない時間で荷造りの作業もできますし、引越しをすることが決まったら、できればすぐにでも、持っていくものの整理に取り掛かるとよいと思います。

 

■引越しの荷造り
引越しの荷造りのコツについてですが、引越しの荷造りをする場合には梱包に注意しましょう。最近では引越し業者に梱包まで頼む人も多くなっていますが、自分で引越しの荷造りの梱包を行う場合には、色々なポイントが梱包するものそれぞれのによってありますから、少し紹介したいと思います。皿やグラスなどワレモノを梱包する場合に、引越し業者がやってくれる場合は割れ物はやはり引越し業者やってもらうのがいいと思います。食器は強度によって梱包にはコツがありますから割れないように梱包をしてもらうことがプロなら出来ると思います。自分で食器の梱包をする場合では引越し業者がくれる梱包材を利用するとよいです。引越しの荷物には手荷物で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも紛失してしまったときにたいへんなことになってしまうような貴重品などは自分で持って行かなくてはなりません。例えば高い宝石や時計など銀行の通帳や実印などもちろん現金もそうです不動産関係の書類などは自分で持っていくべき荷物になると思います。搬入をする際にも便利なようにどの荷物になにが入っているのかわかるようにダンボールにわかりやすく書いておいて、またどこの部屋に運ぶのか書いておくのがスムーズに運べるコツですね。

 

■引越しの当日
実際に引っ越しをする日になりますと、引越し会社の作業員の人がやってくれますが、こちら側も、だまってみていればいいという訳ではありません。まずは、引越し業者がわかりやすいように指示をすることで、運搬作業も効率よくに進みます。特にば大物の家具などは作業前を始めるに、配置図を引越し業者に渡しておくとスムーズに大型家具を設置してもらえて便利かもしれませんし、また、配置図を準備しておくというこのまではしなくても、現場で配置を指示してあげればスムーズに作業が進みます。引越しの当日は引越しが効率よく進むように、あらかじめ当日のスケジュールや終了時間の確認、引越し業者のトラックの駐車場所などの確認をしておけば無駄な時間を使わず作業をできます。万一特殊な荷物を持っていく場合には、引越し業者に前もって確認をしてその引越し業者で対応できなければ、他の業者に頼まなければいけませんからそちらも引越しをする前に手配しておく必要がありますね。引越しの当日は引越し業者に全部任せておけばよいと考えている人もいるかも知れませんが、実は引越しのその日も色々と引越し業者に指示を出したりといったように、引越し作業が早くいくように引越す人もスタッフを手伝う必要があるので色々と忙しいと思います。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しに必要な梱包のグッズを紹介したいと思います。引越しに必要な梱包のグッズといえばやはり、誰でもまずダンボールは必要だと思うでしょう。もちろん、ダンボールは引越しにはなくてはならないものですが、では、引越しに必要なダンボール箱というのはどのくらいかと言いますと、人家族の場合でしたら箱くらいというように、いうそうですから、そのくらいで考えておいてよいのではないでしょうか。段ボール箱は、引越しの業者を決めたときや引越しを頼めば、必要数無料サービスしてくれますので、自分でどこかからもらってきたりする必要はありません。そして引越しの梱包に必要なグッズとして、プチプチみたいなクッション材的なものも必要ですが、これもわりとくれる引越し業者が多いですし、食器や壊れ物を包むときに使用しましょう。また食器や壊れ物を包むときには新聞紙も必要です。新聞紙は引越しの梱包に色々と使えますからちょっと多めに用意しておいてもよいかもしれませんね。あとは、ガムテープやひもなどももちろんもちろん、必要になりますよね。その他にも、梱包作業には、カッターナイフやハサミですとか、軍手もあると助かることが多いです。また、一つ一つの箱を引越し先のどの場所に運ぶのかわかるように書くためにマジックも一本もっておきましょう。

 

■引越しと防震
引越の際に、防震対策もしておくというのは合理的です。最近は、引越し業者さんのサービスでも引越しの際に防震グッズを設置してくれることをオプションでしてくれたりするようです。防震、免震のグッズなども、いろいろと各引越し業者によってあるようですね。一例を挙げますと引越しの際に家具を設置したあとに家具が倒れないようにするための家具の固定金具を取り付ける方法ですとか、家具を置く場所の下に免震用のシートを入れておくという方法もあります。引越が終わってしまってからそういったことをしようと思うと一苦労ですよね。また、そういうものを自分で探して買ってくるのも手間です。引越しついでに業者にやってもらえば、荷物を動かすついでにできるので合理的ですね。このようなサービスは、各引越し会社によっても、やり方が違う部分もあると思いますし、サービスの値段も違いがあるかとは思います。引越し会社のホームページなどで確認してみるとどのような地震対策をしてくれるのかそれについて説明があると思いますので、一度そこを見てみて、サービスや料金を比べて見るとよいでしょう。引越の際に地震対策もやっておくということは、できればやっておきたいことですね。通常は引越し会社の方から地震対策を強く勧めてくるわけでもないので、見積もりの際などにこちらから聞いてみるとよいとおもいます。

 

■引越しの各種手続き
引越しの際の電気水道ガスなどライフラインの手続きについて忘れずにやっておかなければいけません。ところで、同じ市内に引越す場合以外は、新しい電話番号に変わりますので、引越しをする前に116番に連絡をして、新しい番号への変更手続きなどを行います。電力のほうは、引越しをする日くらい前に電力会社に電話して、引越しをする日で止めてもらうようにします。電力会社が変わる場合には、同じく、電話をして、新規契約の申込みをしておきます。ガスについても同様に、引越してすぐ使えるように、連絡をして手続きしておくことが必要です。そして引越し先には引越しをする−日くらい前に引越しをしたらすぐにガスが使えるように、連絡して手続きをするとその日になったら、作業員が来て、点検などして、ガスを使うことが出来るようになります。引越しをする場合の水道の手続きは引越しをする1週間くらい前には、連絡をして、退去日で止めてもらいます。引越したらすぐ水道がでるように、引越し先の手続きも同時にしておきます。電話やライフラインの移転手続きはだいたいこんなものですが、こういったライフラインの手続きは、賃貸物件に引っ越しをする場合ですと、不動産会社がやってくれる場合があるので、入居した日から連絡なしで使える場合もありますし、また、引越し先が新築物件の場合だったりすると、このほかの手続きが必要になることもありますので、事前にしっかりと確認をして、手続きをしておくようにしなければなりませんね。

 

■引越しの色々な手続き
引っ越しの際の手続きもいろいろあって忘れないようにしなければいけませんね。そして、役所での手続きといったことの他にも、例えば、新聞の契約をしている場合には、その他にも、銀行などの住所変更をしておくことも他にも、いろいろな保険に入っていると思いますが、住所変更をしておかなければならないことがあります。一般に、入っているのは、生命保険、自動車保険、火災保険や傷害保険、養老保険とか、学資保険とか契約をしている人は、それらも、忘れずに、住所の変更手続きをしておかなければなりません。引越しの手続きでは、郵便局への連絡も大切です。郵便物の転送は、郵便局に転居届の用紙がありますから、それを書いてだしておけば、引越し前の住所に郵便物が送られてきたら、自動的に新しい住所に、配達をしてくれるようにしてくれますので、これも、とても大切な手続きですから忘れずやっておきましょう。携帯電話の契約も住所変更をしておく必要がありますし、インターネットのプロバイダーなどの手配もしておくことで新居に入居をしてすぐにインターネットが使えるようになります。

 

■札幌市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号

 

札幌市役所:011-222-4894(コールセンター)札幌市中央区北1条西2丁目

 

【電力】
北海道電力:0120-12-6565(ほくでん契約センター)

 

【ガス】
北海道ガス:011-231-0481(お客さまセンター総合案内)

 

【水道】
札幌市水道局:011-211-7770(電話受付センター)

 

北海道内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、北海道内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド