北海道から京都府への引越し料金の目安と安い業者選び

北海道から京都への引越しを予定されている方へ、このページでは
北海道から京都への引越し概算見積もり額と引越し料金を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。 最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


北海道から京都への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道から京都への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の料金が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の料金が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の料金が相場です。

上記は、北海道から京都への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの料金は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越料金の見積もり
引越しにかかるお金のことなんですが、引越しの料金表みたいなものはあるのでしょうか?いくつかの引越し業者の見積を比較して、一番条件のよい業者に決めるのがよいです。実際、引越し料金って業者によってかなり違います。まずは見積もりをもらって比べてみてやっと各社の料金がどうなのか、値段だけでなくサービス内容についても比べてから選ばないと損をすることがあります。引越しの見積もりは、一般的にはどこの業者でもそうしています。引越し見積もりのやり方としては、電話帳やホームページなどで調べて引越し業者に見積もり依頼の連絡をします。すると引越し会社の担当が来て、料金を計算してくれます。どうやって引越し料金を計算するかは、おそらくどこの業者でも同じようなものでしょうけど、荷物の量が全体でどのくらいになるのか、引越し作業はどこまでを業者が行うのかなどを確認します。その他にも、新居までの距離ですとか引越し先の住居形態などもいろいろとチェックして金額を計算します。見積をしてもらったら、各社を比較して依頼する業者を選ぶのですが、何社か見積もりをしてもらうことで、サービス内容が同じような場合は、だいたいは安くて対応もよかった業者を選ぶでしょう。金額がだいたい同じくらいだった場合、サービス面で最もよい引越し会社を選ぶことになりますから、引越しの見積もりをしてもらえば安くてサービスもよい引越し会社を選ぶことができます。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金がどうなっているのかということについてなんですが、引越し料金の内容についてなんですが、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などの合計が料金になります。まず運送費についてなんですが、運送費には運賃と作業料が含まれています。トラックの大きさはどのくらいのものが必要か作業量はどのくらいの時間になるのか引越し先までの距離はどのくらいかで引越し料金の価格は変わってきます。引越しに使用するトラックが大きくなるほど引越し料金は増額になりますし、また、トラックの台数が多くなれば多くなるほど引越し料金は高い価格になりますし、もちろん、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金の値段は高くなりますし、他にも、人件費といいますのは、これは引越しの作業をするスタッフのことで、引越し業者のスタッフの数が多ければ多いほど引越し料金の値段は高くなります。そして梱包費と交通費がありますが梱包費については、梱包資材や梱包作業が含まれています。交通費に関しては高速料金などですから使わなければかかりません。最後に保険料に関しましては保険があるのかないのかを確認しておきましょう。事故などがあった場合には、保険に入っているか入っていないかは重要なポイントになります。引越し業者の料金はこういったものの合計になっています。業者によって梱包はサービスしてくれるところもありますからよく比較をして選ぶとよいでしょう。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
インターネットを利用して引越し業者に見積もりを依頼することもできます。中でも一括見積比較サイトというものが最近人気になっています。インターネットから、色々と引越し先の条件を入力することで、入力作業は一度だけで、沢山の引越し業者から見積もりをしてもらうことができるのが便利なので、使う人も多くなっています。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなかめんどくさいですが、これを使うと、たった一回で済んでしまうこともあって、今、オンラインの一括見積もりは大変人気があるといわれています。残念ながらこの見積もりを利用しただけでは、だいたいの目安としての料金だけで、実際の引越し料金を見積もりしてもらうためには、引越し業者の担当者に来てもらって、見積もりをしてもらわなければなりません。オンライン見積もりを使うことの利点としては、あくまで見積もり依頼を何度もしなくていいということであり、自分が知らなかった引越し業者からも見積もりをもらうことができます。多くの引越し会社を比較することによって安くてサービスもよい引越し業者がわかりますから、最も条件のよい会社に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は会社によってかなり差がありますから、引越しの見積もりをする際には使うとよいと思います。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金は見積もりを比べるとよいです。引越し各社の見積もりを比較する場合には、どんなところがチェックポイントになるかといいますと、もちろん何を比較するかといえば、まずは、値段を比較するのはその他のサービスの面でも比較しておくとよりいいのではないでしょうか。といいますのは、引越し会社各社から見積書をもらったらプランの種類がいっしょであってもダンボールの数であったり、ハンガーボックスやワレモノ用の梱包材とか梱包材料はどんなものまで含まれるかも各社の見積もりを比べる際には注意しておきましょう。業者によって、引越し見積もりに訪問した時に特典として何かもらえるとか、といったサービスがあるかもしれませんし、タンスの中身はそのままでいいという業者もありますし、タンスの中の衣類などは出しておかなければならないこともあります。引越しの見積もりをしてもらったら数社から見積書を出してもらって価格とサービスの両方を比べてみるのがいいですね。そうすることによって、どの引越し業者が価格的に安いのか、サービス面ではどこがよいのかといったことが、比べてみることができます。なので、引越しの見積もりは1社だけではなくて、何社かの見積もりを比べて選ぶと損をすることがありません。

 

■引越しと防震
引越の際に、防震対策もしておくというのは合理的です。最近の引越し業者では、阪神大震災以降、引越し作業といっしょに防震対策をしてくれるサービスを行っているところがあります。地震対策などに色々なグッズの取扱が引越業者によって準備しています。そのひとつとして引越しの際に家具を設置したあとに家具が倒れないようにするための転倒防止ようの金具などもありますし、家具を置く場所の下に滑り止めシートなどを設置しておくというものもあります。引越が終わってしまってから地震対策グッズを取り付けるのは大変な場合もあります。防震金具や免震シートなど見つけてくるのも大変ですが、引越しついでに業者にやってもらえば、荷物を動かすついでにできるので便利で楽です。引越しと防震ですが、各引越し業者によって方法や使う対策グッズなどに違いがありますし、そのオプションの料金にも差があると思います。主な引越会社はホームページがありますので、そこに地震対策についてのグッズやプランなどが載せられているはずですから、まずはそれを見てから違いを比べてみるのがよいかと思います。このような時に地震に対する備えをするというのはできればやっておきたいことですね。引越し業者の方から必要以上に薦めるということはないと思いますから見積もりの際などにこちらから聞いてみるとよいとおもいます。

 

 

北海道から京都への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道から京都への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の料金が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の料金が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の料金が相場です。

上記は、北海道から京都への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの料金は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越し業者の種類
どんな引越し業者を選ぶのがよいのかということですが、引越し業者といってもいろいろな引越し業社があります。例えばよく名前を聞くような、大手の引越し業社だったりその地方に根差しているような中堅業者もあります。また、軽貨物運送業者の引越しもあると思います。このように引越し業社にはいろいろありますが、どの引越し業者を選ぶのがよいのかは、自分の引越しに合った業者を選べばいいと思います。例えば、自分一人で引越しをするような場合、家具や家電がついているような賃貸マンションなどに住む人もいると思います。このような部屋に引っ越しをする場合、大手の引越し業社を頼む必要はなくて、赤帽のような軽貨物運送業者に頼めば十分なのではないでしょうか。他にも、独身者の転勤などの場合でも、ほとんどの業者では、単身パックのようなサービスがありますので、そのようなものを利用すれば、スムーズに単身の引越しをすることが出来ます。こんなふうに、引越し会社は自分の荷物の量や内容などに合わせて選ぶとよいのではないでしょうか。また、引越し料金は業者によってかなり違いますので、数社から見積書を出してもらうようにして、価格はもちろんなのですが、どこまでのサービスが含まれるのかも確認して、最も条件のよい引越し業者を選ぶとよいですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングがあるのを知っていますか?引越しってそんなに頻繁にするものではないですから、けっこう役に立つ情報として使うことができますよ。ランキングで上の方になっているような引越し業者ですと、実際に頼んでみると、選んでよかったという業者が多いと思います。このランキングは、どこで掲載されているかというといわゆる、一括見積サイトといわれるようなサイトで、だいたいは見ることができます。何を基準に評価するかもいろいろあって引越し料金見積が安かった業者や営業対応がよかった業者の評価であったり、引越し作業員の態度がよかったかという評価や実際に引っ越しをした際の作業品質に対する評価で、ランキングがされているのが一般的です。これから引越しをしようと考えている人は、どの引越し業者に頼んだらいいかわからないという人が多いと思いますけれど、そのような場合には、引越し業者のランキングを参考にすれば、かなり参考にすることができて、役に立つものだと思います。ランキングだけでなく、口コミや感想なども掲載されていて、実際に、利用した人が書いている感想なので、引越し業者選びで失敗をしてしまわないために、役に立つ情報ではないかと思います。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者やプランの選び方についてですが、荷物の量や家族の都合といったことによって、引越し業者や依頼するサービスの選び方も違います。例として、家族で引越しをする場合ですが、家族が多いということは、荷物の量も多くなるのがふつうですから、引越しもそれなりに大仕事になります。子供が小さければ、引越しの間もほったらかしにはできないですし、家族全員で引越しをする場合は、作業量と、どれだけ手間をかけることができるかで、引越し業者やサービス内容を選ばなければなりません。子供がまだ小さかったりする場合ですとか、お年寄りの方も一緒に引越す場合は、子供や、お年寄りの荷物の荷造りもしなければなりませんし、仕事をしている人は、仕事をやりながら、家の引越しの準備をするので、なかなか時間がないのが普通でしょう。そのような場合には、梱包作業から全部請負ますというような、こちらで荷造りなどもしておかなくてもよいというサービスもある引越し会社とそのサービスを依頼すれば、引越し準備の負担が減って楽になると思います。もしも単身での引越しの時には、自分の荷物だけですから、引っ越しの準備といってもそれほど多くないですし、そうたいした荷物や作業の量もないのではないかと思います。単身パックや一人暮らしパックがある引越し業者を選べば安くてサービスのいい引越しをすることが出来る場合があります。大人数の引越しと違って、単身の場合は引越しもわりと楽なので、それでも、自分で全部やるより、単身パックのようなものを頼んだ方が楽です。

 

 

■引越しのらくらくパック
引越のプランにらくらくパックというようなものがありますけど、らくらくパックという引越しプランはそれぞれの引越会社にあると思いますがプランの名前やサービス内容は少々違っているかもしれません。例えば、ヤマト引越センターでしたら、引越しらくらくパックという名前ですけれども、日通の場合でしたら、ゆうゆうこんぽという名前になっていますし、松本引越しセンターの場合はおまかせコースだったかと思います。引越し業者が小さな荷物の梱包も搬出から、搬入まで荷解きから家具の設置までやってくれるという全部引越業者に頼めるというサービスの商品がこのらくらくパックです。引越しの作業のかなりの部分を業者がやってくれるパックですが、不用品の仕分けなどといったことに関しては、こちらでやらなければならないことですね。引越しのらくらくパックのプランで梱包の解体をしてくれるサービス内容であってもダンボールを片付けてくれるだけでそれ以降の荷物の片づけなどは自分がすることです。しかし基本的な引越プランと比べて少々お値段は高くなるとおもいますが、業者がかなりの部分をやってくれますので、引越しの際の負担が減ると思います。赤ちゃんやお年寄りがいる家庭ではなかなか手が離せなかったりしますからこういったサービスを頼むのが、その分の価値はあると思います。

 

■単身引越し
自分ひとりで引越しをする場合は、単身引越し向けのサービス商品があります。一人暮らしの人が自分だけ引越しをする場合は、家族の引越しとは全くタイプが違っていると思います。自分ひとりで引越しをする場合は、それほど大きな家具もないでしょうし、荷物の量もそれほど多くない場合が多いと思います。単身で引越しする場合は、家族の引越しプランのようなダンボールなどの無料サービスや保険などは、それほど必要としないかもしれません。それより、引越しの料金を少しでも、安い価格にしてもらったほうがありがたいのではないでしょうか。単身引っ越しの場合は、荷物の梱包なども簡単でいいことが多いですし、荷物を運ぶ引越し業者のトラックの助手席に乗って行くことができるというサービスもあるので、そちらの方が便利ではないでしょうか。単身赴任などの場合には単身用の、学生の引越しの場合には、またそれにふさわしいような、引越しのプランを探して引越しをしたほうが価格的にもお得になっていると思いますし、引越し業者の人も、勝手がわかっているので、てっとり早くできると思います。単身の引越しプランはほとんどの引越し業者でそのようなサービスがあると思いますので、各社の特徴などもチェックしてみて、価格とサービス内容の両方から見て、これが一番よさそうというものを頼んだらいいと思います。単身引っ越しの場合は、荷物も少ないので、料金も安くつくのがほとんどです。

 

■自分で引越し
自分で引越しをやろうと思っている人も、多いのではないでしょうか。引越し屋さんを使わずに自分で引越しする場合の、メリットもありますし、デメリットもあるので、その辺も考えてから決めるのがよいかと思います。はじめに、自分で引越しをすることのいいところは当然ですけど、引越し業者を頼むお金が必要ありませんから、安く引越しができるということがあります。それから、引越し業者を使わないほうが気楽に引越しできる部分もあります。引越し屋さんにやってもらう場合は、初めて会う引越し業者のスタッフに、どうするのかいろいろと説明したりあまり他人には見て欲しくない荷物もあったりして、作業はしてもらえますが、なにかと気疲れするものです。引越しを自分でやってしまえば、友だち同士などある程度気心の知れた仲間なので、楽しいというメリットもあります。家族や仲間だけで引越しをする場合には、良いことばかりでなくデメリットもあります。引越しを自分で行う場合の困ったところはひょっとして、引越しを自分で行ったほうが高くついたということになることもありがちなのです。友だちに引越しを手伝ってもらうのですから、引越しが終わったらごちそうするなり、お礼をしたり、トラックやワゴン車などを借りてきたりなんだかんだで引越し業者を頼んだ方が安かったのではないかなんてこともじつはありがちなのです。そして、家族や友達に手伝ってもらって引越しをする場合は、専門のスタッフのように、ちゃんと教育研修を受けたプロとは違いますから、引っ越し作業については素人ですから、ケガをしてしまったりですとか、いろいろと困ったことも起こってしまうものです。現実にそういうこともあるので、引越し業者を使わない方法は安く済む場合もありますが実際にはそうでもなかったということもありますので、そんなことも考えて、どうするか決めるとよいのではないでしょうか。

 

 

北海道から京都への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道から京都への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の料金が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の料金が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道から京都への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の料金が相場です。

上記は、北海道から京都への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの料金は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

北海道から京都への引越し 参考データ

北海道、京都間の直線距離は約1015km(県庁所在地間)

 

■京都市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
京都市役所 〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地 
電話:075-222-3111(代)

 

【電力】
関西電力 京都営業所 0800-777-8031(通話料無料)9:00〜20:00
京都市 北区、上京区、左京区(久多の北部を除く)、右京区、西京区、中京区、下京区、南区、東山区、伏見区(竹田向代町の一部、竹田流池町、竹田向代町川町、久我、羽束師)

 

関西電力 伏見営業所 0800-777-8033(通話料無料)9:00〜20:00
京都市 伏見区(竹田向代町の一部、竹田流池町、竹田向代町川町、久我、羽束師、醍醐一ノ切町、醍醐ニノ切町、醍醐三ノ切を除く)、山科区

 

【ガス】
大阪ガスお客様センター リビング事業部 京都事務所 フリーダイヤル0120-8-94817

 

【水道】
京都市上下水道局 お客さま窓口サービスコーナー 075-672-7770
営業時間 平日午前8時30分〜午後7時00分 土曜・日曜・祝日午前10時00分〜午後5時00分
年末年始(12月29日〜1月3日)は閉庁します。