北海道市から神奈川県への引越し料金の目安と安い業者選び

北海道から神奈川への引越しを予定されている方へ、このページでは
北海道から神奈川への引越し概算見積もり額と引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。 最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


北海道から神奈川への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道から神奈川への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道から神奈川への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道から神奈川への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、北海道から神奈川への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越料金の見積もり
引越し業者の料金なんですけれど、見積をしてから引越し業者を選んでます?いくつかの業者に料金を聞いてから安くてサービスもよい業者を選ぶとよいです。見積を比較するというとめんどうかもしれませんが、まずは見積もりをもらって比べてみてやっとどのくらいの料金で引越しできるのか値段だけでなくサービス内容についても比べることでベストな選択ができます。引越し料金の見積もりは、一般的にはどこの業者でもそうしています。引越しの見積もりにはまずは、引越し会社に電話をして、見積もり依頼をして、引越し会社の人が家に来て、実際の荷物の量などを見て料金を計算してくれます。引越し料金の計算方法というのは、ほとんどの引越し業者で同じだと思いますが、荷物の量が全体でどのくらいになるのか、その他、エアコンの取り取り外し、取り付けなどの作業の有無を確認します。その他にも、新しい住まいまでの距離とか引越し先の住居形態などもなどから、トラックの大きさや作業人員を見積もりして金額を計算します。見積をしてもらったら、各社を比較して依頼する業者を選ぶのですが、−社くらい引越しの見積もりをしてもらうことで、サービス内容が同じような場合は、一番お得な引越し業者がどこかわかりますし、値段がほぼ同じくらいだったら、サービス面で最もよい引越し会社を選ぶことになりますから、どちらにしても見積もりを比べることで、お得に引越しすることができるようになりますね。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金は、何をもとにして決まってくるのかということなのですが、引越し料金の計算方法についてなのですが、基本的には、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などがあります。まず引越し料金の中の運送費ですが、運送費は運賃と作業の料金が含まれています。どのくらいの大きさのトラックが必要なのか、作業時間はどのくらいかかるのかどのくらいの距離荷物を運ぶのかによって、引越し料金は違ってきます。使用するトラックが大きくなればなるほど引越し料金は高くなりますし、また、引越しに使用するトラックの台数が多くなるほど引越し料金は増額になりますし、もちろん、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金の金額は高くなりますし、つぎは人件費に関しては、これは引越し会社の作業員のことで引越し業者のスタッフの数が多ければ多いほど引越し料金は増額になります。さらに梱包費と交通費については梱包費は梱包に使用するダンボールなどや梱包作業になります。交通費については高速や有料道路の料金ですから通行しなければ必要ありません。あとは保険料がありますが、業者によって有無を確認しておくといいと思います。もしも事故やトラブルが生じてしまったら保険があるのかないのかによって対応もかなり違ってきます。引越し料金はこのような内訳になっています。引越し料金は、時期や業者によってかなり差がありますので、何社かの引越し会社の見積もりを比べてから選ぶとよいです。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しの見積もりがインターネットでもできます。中でも一括見積比較サイトというものが最近人気になっています。これを使うには、住所やメールアドレス、その他必要事項を入力すると一度入力をするだけで複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこの一括見積比較サイトの特徴です。沢山の業者に見積もりを実際にしてもらおうと思うとなかなかめんどくさいですが、このシステムを利用すれば一度の作業で全部できてしまうので、多くの人が利用するようになってきているようです。しかし、この段階での見積もりでは、だいたいの目安としての料金だけで、やはり引越しの見積もりをする場合には実際に荷物や搬出方法などを確認して、見積もりをしてもらわなければなりません。一括見積り比較のメリットとしては、一社一社自分で引越し料金の見積もり依頼をしなくてもよいことで、それによって、業者の見積もりを比較することができることです。複数の引越し会社を比較することによって一番お得に引越しができる会社がわかりますから、一番お得な会社を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は会社によってけっこう差がありますから、実際に使ってみるとよくわかりますよ。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金は見積もりを比べるとよいです。引越し業者の見積もりを比べる時に注意する点は、どんなところをくらべてみるとよいのかということですが、まず、引越しの見積もり比較は値段を比べるのは価格以外のサービスの面でも比べておくことが大切なことです。例として、引越し業者から見積書を出してもらったら、引越しプランが同じ場合でも、ダンボール他梱包材の違いがあったり、布団袋とかハンガーボックスがあるかとかサービスに含まれる梱包用の材料なども引越しの見積もりを比べる際にはチェックしておくのも大切です。業者によって、引越し業者と契約時に、何かプレゼント特典があるとか、というキャンペーン中だったりとかタンスの中の衣類などは出さなくてもよい場合もありますし、タンスは空にしておかないといけない場合もあります。引越し会社から見積書をもらったら、3社くらいは見積もりを依頼して、引越しの見積もりを比較してみるのがいいですね。見積を比較することによって、価格ではどの引越し業者が安くて、サービスがよいのはどの会社なのかが、比べてみることができます。そういうわけで、比べてみると業者によってかなり差があったりすることも多く、何社が比べてみると、どこに頼むのがよいのかわかります。

 

■引越しと防震
引越しと防震について紹介したいと思います。最近は、引越し業者さんのサービスでも引越し作業といっしょに防震対策をしてくれるサービスが用意されている業者も多くあります。防震、免震のグッズなども、いろいろと各引越し業者によってあるようですね。その中には、引越した家に家具を配置した後に家具が倒れないようにするための転倒防止のためのグッズもあれば、家具の配置を行う場所に下に滑らないシートを敷いておくというグッズもあります。家具の運搬、設置が終わってしまってから、そういったことをしようと思うと一苦労ですよね。防震金具や免震シートなど見つけてくるのも大変ですが、引越し業者の人にやってもらえば、荷物を動かすついでにできるのでとても助かりますよね。このようなサービスは、引越会社によって、対策の方法や使う器具なども違いがありますし、そのための料金も各社違いがあると思います。引越し会社のホームページなどで確認してみると地震対策のサービスの内容や料金などもそれについて説明があると思いますので、まずはそれを見てから比較してみるといいと思います。引越しを機会に地震対策に努めるということはできればやっておきたいことですね。引越し業者の方から必要以上に薦めるということはないと思いますから内容を確認して、こちらから頼むのが一般的のようです。

 

 

北海道から神奈川への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道から神奈川への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道から神奈川への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道から神奈川への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、北海道から神奈川への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越し業者の種類
引越し業者の選び方について考えてみたいと思います。引越し会社といってもいろいろな引越し会社があります。テレビCMで聞いたことがある大手の引越し業社だったり特定の地域でとても評判のよい業者などもあります。また、軽貨物運送業者の引越しもあると思います。引越し業社にはこのように種類がありますがどの引越し会社を選ぶのがよいのかは、自分の引越しに合わせて選べばいいと思います。荷物もそれほど多くない一人暮らしの場合は、家具や家電がついているような賃貸マンションなどに住む人もいると思います。そのような場合には大手の引越し業社を頼む必要はなくて、宅配便でダンボールをいくつか送れば済んでしまうこともあるでしょう。同様に、単身赴任の引越しの場合には、多くの運送業者で単身引越しパックのようなものが用意されていますので、こういったサービスを依頼すればスムーズに単身の引越しをすることが出来ます。このように、引越し会社を選ぶには自分の荷物の量や内容などに合わせて選ぶとよいのではないでしょうか。そして引越し業者によって料金はかなり差がありますので、複数の会社から見積もりをしてもらって比較をして、料金の比較をするとともに、ダンボールや梱包材料をくれるかなども確認して最も条件のよい引越し業者に依頼するのがよいですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングが掲載されているサイトがありますが、今、引越しの業者をどこにしようか考えている人には、かなり参考にしてよい情報ではないでしょうか。引越し業者のランキングでポイントが高いところは、実際に、良心的な、価格やサービスの業者が多いと思います。引越しの業者ランキングは、複数の引越し業者の一括見積ができるサービスのサイトなどでよくランキングが掲載されています。いろいろなランキングがあったりして、料金が安かった業者のランキングですとか営業対応がよかった業者の評価であったり、引越し作業員の態度がよかったかという評価や実際に引っ越しをした際の作業品質に対する評価で、引越し業者のランキングが付けられています。これから引越しをしなければいけない人にとっては、どの引越し業者に頼んだらいいかわからないという人が多いのではないでしょうか。そういった場合には、引越し業者のランキングをチェックしてみると信頼できる引越し業者がどこなのかがわかって便利だと思います。ランキングといっしょに、利用者の感想なども書かれているものもあり、わりと正直な感想が書かれているものが多いので、引越し業者選びで失敗をしてしまわないために、見ておきたいものだと思います。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者や依頼するサービス内容の選び方について、自分の引越しのスタイルによって、それにふさわしい業者やサービスを選ぶとよいでしょう。例えば、家族で引越しをする場合には、人数も多ければ当然ですが、荷物も多くなるでしょうから、当然、引越しの作業量も増えることになります。子供がいる家庭の引越しも、大変ですよね。家族全員で引越しをする場合は、人手があるのかないのかで、引越し業者やサービス内容を選ばなければなりません。子供がまだ小さかったりする場合ですとか、お年寄りがいる家の引越しの場合では、子供やお年寄りの分も引越しの準備が必要ですし、引越しの時は、引継ぎなど仕事もなにかと増えますので、仕事の合間に、家の引越しの準備もしなければならないわけで、なかなかできないのが実情ではないでしょうか。こういう人の場合では、全部おまかせコースとかいうようなこちらで荷造りなどもしておかなくてもよいというサービスもある引越し会社とそのサービスを依頼すれば、引越し業者がやってくれるので助かると思います。それに対して、単身引越しの場合は、荷物が少ないですから一家そろって引越しをするのと違って、一般的には大変な引越しにはならないと思います。単身引っ越しパックのようなものを得意としている業者に頼めば、てっとり早く、わりと安い料金で引越しができると思います。人数が多い場合と違って、単身引っ越しの場合はわりと手軽にできますので、その点も考えて引越し業者を選ぶようにすればいいのではないでしょうか。

 

 

■引越しのらくらくパック
らくらくパックという引越プランとはどんな感じかといいますと引越し業者のらくらくパックとは大手の引越し会社などであればたいていありますが、呼び方ややってくれることもそれぞれ違うと思います。例えば、クロネコヤマトの引越の場合ですと引越しらくらくパックという名前ですけれども、日本通運はゆうゆうこんぽとか言っていたと思います。松本引越しセンターはたしかおまかせコースという商品名だったはず。引越会社のほうで小さな荷物の梱包も搬出も運送も運搬も、荷解きもすべてやってもらえるというプロの引越し業者が全部やってくれるサービスの商品がいわゆるらくらくパックなのです。引越しをすべて任せることができるらくらくパックですが例えば、持っていくものと処分するものの整理などは、依頼者側でしておかなければなりません。引越しのらくらくパックでは、荷解きをやってくれる引越し業者の場合も、ダンボールを片付けてくれるだけですべてをやってくれるというわけではありません。しかし普通の引越しのプランに比べると料金的には少々割高になると思いますが、引越し業者のスタッフがほとんどやってくれますので忙しくて準備ができないときなどは助かります。赤ちゃんやお年寄りがいる家庭ではなかなか手が離せなかったりしますから引越しのらくらくパックを利用すると便利でいいかもしれませんね。

 

■単身引越し
単身引越しをする人に便利な、単身引っ越し向けのパッケージがあります。独身者や学生など、自分ひとりで引越しですと、家族で引越しをする場合とは、だいぶ事情も違ってきます。独身者の引越しの場合は、大型の家電や家具はないですし、荷物の量もそれほど多くない場合が多いと思います。自分一人で引越しする場合は、家族プランのような梱包資材のプレゼントや家具への保険というのはそれほど必要ではないでしょう。それより引越し作業にかかる料金をもっと安くしてもらったほうが嬉しいのではないでしょうか。自分一人でひっこしするなら、荷造りなんかもわりと簡単で大丈夫でしょうし、引越し先まで、荷物を運ぶトラックの助手席に一緒に乗って行ける、というサービスのほうがありがたい人も多いでしょう。単身赴任や独身者の場合にはそれ用の、また、学生の入学などの場合にはそれに合ったような、引越しのプランを探して引越しをしたほうが料金も安く済みますし、サービスもそれ用に設計されているので使い勝手もよいと思います。いろいろな引越し業者が単身引っ越しパックをそのようなサービスがあると思いますので、一度比較してみて単身、学生一人暮らしの引越しプランでこれが一番よさそうというものを頼んだらいいと思います。しょせんは自分ひとり分の荷物の量ですし、たいていは、それほど費用も高くならずに済んでしまうでしょう。

 

■自分で引越し
引越し業者に頼まないで引越しをしようとする人も多いのではないでしょうか。引越しを自分でやろうと思ったときのメリットとデメリットについてそれについてちょっと書いてみたいと思います。はじめに、引越しを自分でする場合のよいところとしてはなんといっても、引越し業者を頼むお金が必要ありませんから、それだけ引越しにかかるお金が少なくてすみます。さらには、引越し業者を使わないほうが気楽に引越しできる部分もあります。引越し業者に頼むと、初めて会う引越し業者のスタッフに、あれこれと指示をしたり自分の荷物を運んでもらわなければいけませんから、全部おまかせで気楽に引越しできるわけでもありません。引越しを自分でやってしまえば、家族や仲間など知っている者だけでやるわけですから、業者を頼む場合に比べて気楽にできるかもしれません。しかし、自分で引越しをする場合は、メリットだけでなくこまったところもあります。自分で引越しをする場合の困ったところは結果的には、かえってお金を多く使ってしまったということも実際には多いと言われています。友だちに引越しを手伝ってもらうのですから、それなりに食事をおごったりしますし、車もレンタカーなどで借りたりして、なんだかんだで引越し業者を頼んだ方が安かったのではないかということは多いようです。また家族や友達に手伝ってもらって引越しをする場合は、引越し会社の作業員のように、それなりに教育された専門スタッフではないので、いつもやっているわけでもありませんし、ケガをしてしまったりですとか、色々とも問題が出てくる可能性があります。なので、引越し業者を使わない方法はメリットもありますが現実には、引越し業者を使った方が安かったということもあるので、その辺も考えてから決めてもよいかと思います。

 

 

北海道から神奈川への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道から神奈川への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道から神奈川への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道から神奈川への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、北海道から神奈川への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

北海道から神奈川への引越し 参考データ

北海道、神奈川間の直線距離は約858km(県庁所在地間)

 

■横浜市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
横浜市役所 〒231-0017 横浜市中区港町1-1 TEL 045-671-2121 (代表)

 

【電力】
東京電力カスタマーセンター 0120-99-5771
泉区・戸塚区・栄区・港南区の一部は 0120-99-5775

 

【ガス】
東京ガスお客さまセンター 引越し専用ダイヤル
電話:0570-002230(ナビダイヤル)
月曜日〜土曜日9:00〜19:00
日曜日・祝日9:00〜17:00

 

【水道】
横浜市水道局お客さまサービスセンター
TEL 045-847-6262

 

■川崎市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
川崎市役所 〒210-8577川崎市川崎区宮本町1番地 電話:044-200-2111(代表) 

 

【電力】
東京電力カスタマーセンター 0120-99-5771

 

【ガス】
東京ガスお客さまセンター 引越し専用ダイヤル
電話:0570-002230(ナビダイヤル)
月曜日〜土曜日9:00〜19:00
日曜日・祝日9:00〜17:00

 

【水道】
川崎市上下水道局 上下水道お客さまセンター
電話番号 044-200-3548
受付時間 年中無休  8時30分〜20時

 

■相模原市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
相模原市役所 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15
代表電話:042-754-1111

 

 

【電力】
東京電力カスタマーセンター 0120-99-5775

 

【ガス】
東京ガスお客さまセンター 引越し専用ダイヤル
電話:0570-002230(ナビダイヤル)
月曜日〜土曜日9:00〜19:00
日曜日・祝日9:00〜17:00

 

【水道】
神奈川県営水道お客さまコールセンター
0570−005959(ナビダイヤル)
ナビダイヤルをご利用できない場合は
045−345−1211
受付時間 月曜日から土曜日の8時30分から19時まで
(日曜日、国民の祝日(休日)及び年末年始(12月29日から1月3日まで)を除きます。)