北海道市から福岡県への引越し料金の目安と安い業者選び

北海道から福岡への引越しを予定されている方へ、このページでは
北海道から福岡への引越し概算見積もり額と引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。 最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


北海道から福岡への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道から福岡への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道から福岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道から福岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、北海道から福岡への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越料金の見積もり
引越しの料金相場ってだいたいどのくらいなんでしょう?引越し業者ってどうやって選んでます?引越しの見積もりをしてもらってから引越し業者を選ぶのがよいのではないでしょうか。なぜ引越しの見積もりが必要なのかというと、まずは、見積もりを出してもらうことでどの引越し会社が安いか、どこが一番サービスがよいのか、比べてみることができるのです。引越し前に見積もりをするのは、ふつうどこの業者でもそうしています。実際にどうやって見積もりしてもらうかというと、電話かメールなどの方法で引越し業者に見積もり依頼をします。すると引越し会社の担当が来て、料金を計算してくれます。引越し料金の計算方法というのは、だいたいどこでもいっしょではないかと思いますが、荷物全体の容積がどのくらいになるのか、それから、荷物の搬出、搬入の経路なども確認します。それ以外にも新しい家までの距離ですとか引越し先の住居形態などもなど考慮して見積もり金額を計算します。見積をしてもらったら、比較検討をして、最も条件がよい引越し業者に決めますが、数社見積もりをしてもらうことで、ほぼ同じようなサービスないようであればだいたいは安くて対応もよかった業者を選ぶでしょう。金額にそれほど差がなくても対応やサービスのよさを比べて選ぶことができますので、引越し見積もりは比較をして選ぶことで、お得でサービスのいい引越し業者に頼むことができます。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金はどのように計算されているかということですが、引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから料金を計算しています。はじめに運送費についてなんですが、運賃と作業の料金が運送費の主なものです。どのくらいの大きさのトラックが必要なのか、どのくらいの作業時間で終わる引越しか引越し先までの距離はどのくらいかで引越し料金の金額は違ってきます。大きなトラックが必要になれば当然引越し料金は増額になりますし、当然ですが、トラックの台数が多くなれば多くなるほど引越し料金は増額になりますし、また、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金の金額は高くなりますし、さらに人件費といいますのは、これは作業に必要なスタッフのことで引越し業者の作業スタッフの数が多ければ多いほど引越し料金は高くなります。さらに引越しの梱包費と交通費ですが、梱包費は引越しに使用する梱包材料や梱包作業になります。交通費については高速料金などですから使わなければ必要ありません。そして、保険料といいますのは業者によって有無を確認しておくといいと思います。事故などがあった場合には、保険に入っているか入っていないかは重要なポイントになります。引越し料金はこのような内訳になっています。引越し料金は、時期や業者によってかなり差がありますので、よく比較をして選ぶとよいでしょう。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しのオンライン見積もりについて紹介したいと思います。インターネットでどうやって引越しの見積もりをするかといいますと、これを使うには、住所やメールアドレス、その他必要事項を入力するとオンライン上で一括して、複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこのインターネットサービスのよいところです。沢山の業者に見積もりを実際にしてもらおうと思うとなかなか大変ですが、これを使うと、たった一回で済んでしまうこともあって、最近では知名度もあり、利用する人の人数も大変多くなっています。ただ、この見積もりを利用しただけでは、あくまでも目安と考えたほうがいいと思います。実際の引越し料金を見積もりしてもらうためには、引越し会社の営業担当が訪問をして見積もりをしてもらわなければなりません。インターネットの見積もりを使うことのよい点というをのは、自分でたくさんの引越し業者に見積もり依頼をしなくてもよいという点で、複数の引越し業者を比較することができるということです。多くの引越し会社の見積もりを比べることで一番お得に引越しができる会社がわかりますから、最も条件のよい業者に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は会社によってけっこう差がありますから、引越し業者を決めてしまう前にぜひ使うとよいです。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金についてなんですが、引越し見積もりを比べるポイントとして、そのあたりに違いがあるかということですが、見積の比較というとまずは金額を比べるのは価格以外のサービスの面でも比べておくことが大切なことです。例として、引越しの見積もりをしてもらった場合に、同じプランなどでも、ダンボールがどれくらいつくのか、ハンガーボックスなどもあるのかとか梱包材料はどんなものまで含まれるかも引越しの見積もりを比較する場合には確認してみるとよいでしょう。業者によって、引越し見積もりに訪問した時になにかのプレゼントがもらえるとかそういう会社もあったりしますし、箪笥の中身をそのままでも運んでくれるというところもあれば、タンスは空にしておかないといけない場合もあります。引越しの見積もりは1社だけでなく、3社くらいは見積もりを依頼して、引越しの見積もりを比較してみるのがいいですね。複数の引越し会社の見積もりを比較することで、価格ではどの引越し業者が安くて、サービス面ではどの引越し業者がよいのかがわかるので、お得な業者を選ぶことができます。ですから、比べてみると業者によってかなり差があったりすることも多く、複数の業者を比べて一番良いところを選ぶのがお得です。

 

■引越しと防震
地震対策をするには引越の時にやるといいですよね。最近は、引越し業者さんのサービスでも引越しの際に防震グッズを設置してくれるサービスが用意されている業者も多くあります。そのための防震グッズなどもいろいろと各引越し業者によってあるようですね。たとえば、新居に家具を運搬、設置をしたら地震があったのために家具を固定しておく転倒防止ようの金具などもありますし、家具などをおく場合に下に免震用のシートなどをはさんでおくというのもあります。家具を全て配置し終わってからそういうものを取り付けようとすると大変なこともあります。防震金具や免震シートなど見つけてくるのも大変ですが、引越しついでに業者にやってもらえば、荷物を動かすついでにできるので効率的です。引越しと防震ですが、引越し業者によってプランや取扱のある地震対策グッズは違っていますし、それにかかる費用も違っていると思います。主な引越会社はホームページがありますので、そこに地震対策についてのグッズやプランなどが書いてあると思いますので、そちらを参考にして違いを比べてみるのがよいかと思います。このような時に地震に対する備えをするというのは大切なことではないでしょうか。引越し業者の方から必要以上に薦めるということはないと思いますから内容を確認して、こちらから頼むのが一般的のようです。

 

 

北海道から福岡への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道から福岡への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道から福岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道から福岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、北海道から福岡への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越し業者の種類
引越し業者の種類について紹介したいと思います。引越し業者といってもとてもたくさんの業社があります。例えばよく名前を聞くような、大手の引越し業社だったりその地方に根差しているような中堅業者もあります。その他にも、軽貨物運送業者もあると思います。引越し業社にはたくさんの会社がありますがどの引越し会社を選ぶのかは、自分の引越しに合った業者を選べばいいと思います。荷物もそれほど多くない一人暮らしの場合は、レオパレスなどのような家具付きの引越し先に引越しをするという人もいると思います。このような部屋に引っ越しをする場合、作業員の人数も必要ありませんので、赤帽のような軽貨物運送業者に頼めば十分なのではないでしょうか。また、単身赴任の引越しの場合には、多くの運送業者で単身引越しパックのようなものが用意されていますので、そのようなものを利用すれば、スムーズに単身の引越しをすることが出来ます。こんなふうに、引越し会社を選ぶには荷物の量や引っ越しの形態によって選ぶとよいのではないでしょうか。また、引越し料金は業者によってかなり違いますので、複数の会社から見積もりをしてもらって比較をして、引越し業社を種類によって選んだりどこまでのサービスが含まれるのかも確認して、一番条件のよい引越し業者を選ぶとよいですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングがあるのを知っていますか?どの引越し業者を選んだらいいかよくわからにという人にはかなり役に立つ情報ではないかと思います。ランキングで上の方になっているような引越し業者ですと、安心して引越しを任せることができます。どこでこのランキングを見ることができるかというと、いわゆる比較サイトというような、一括で見積もりできるようなサイトで紹介されています。例えば引越し業者のランキングでは引越し料金見積が安かった業者や受付の対応や訪問をした時の対応、引越し作業員の態度がよいかといった評価、作業の質がどうであったかということの評価によって、ポイントが高い業者順にランク付けされています。今、引越し業者をどこにしたらいいか考えてる人には、どの引越し業者がいいのかよくわからない、という人が多いと思いますけれど、そのような場合には、引越し業者のランキングを参考にすれば、実際に頼んで、どんな感じだったのかというのがわかります。ランキングといっしょに、利用者の感想なども書かれているものもあり、実際に、利用した人が書いている感想なので、実際にどうなのかということがよくわかるので、とても参考になる情報ということができます。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引っ越し会社やプランやパックなどいろいろありますが、自分の引越しのスタイルによって、それにふさわしい業者やサービスを選ぶとよいでしょう。例えば、大家族で引越しする場合には、人数が多くなればなるほど、荷物の量も多くなるのがふつうですから、当然、引越しの作業量も増えることになります。子供がいる家庭の引越しも、大変ですよね。家族で引越しをする場合には、それだけの作業量をこなす人数がいるかどいうかで、引越し業者を選ぶという方法があります。子供がまだ小さい家庭ですとか、高齢者がいる家庭の引越しの場合には、子供や、お年寄りの世話も必要ですし、仕事をしている人は、帰宅後とか、休日とか仕事のないときにしか引っ越しの準備もできませんので、思うように進まないのではないでしょうか。そのような場合には、おまかせコースとからくらくコースというような荷造り、梱包作業も引越し業者に任せてしまえるようなサービスのある引越し業者に依頼することによって、引越しをするのにも安心してできるのではないかと思います。単身での引越しでしたら、荷物も一人分しかありませんので、家族で引越しをする時に比べれば、普通の人の場合は、それほど大変な引越しではないでしょう。単身パックや一人暮らしパックがある引越し業者を選べばわりと簡単に、比較的安い料金で引越しできると思います。人数が多い場合と違って、単身でしたら荷物も多くないので、それでも、自分で全部やるより、単身パックのようなものを頼んだ方が楽です。

 

 

■引越しのらくらくパック
引越しのらくらくパックについて紹介したいと思います。らくらくパックという引越しプランは頼める引越し業者も多くなっていますが、名前やプランの引越し内容は違いがあるかもしれませんね。例えば、ヤマト引越センターでしたら、引越しらくらくパックという名前ですけれども、日本通運はゆうゆうこんぽだったのではなかったかと思います。松本引越しセンターでしたらおまかせコースという名前のプランになっています。引越会社の作業員が小物類の梱包も荷物の搬出から搬入まで荷解きから家具の設置までやってくれるという文字通り、らくらくに引越しができるパックになっている商品が一般的にそう呼ばれているものです。荷物の梱包、運搬、梱包の解体など業者がやってはくれますが、例えば、持っていくものと処分するものの整理などは、こちらでやらなければならないことですね。引越しのらくらくパックの中で荷解きまでやってくれるプランの場合でも荷解きしてダンボールなどを回収してくれますが、荷物の片づけなどは自分がしなければなりません。しかし基本的な引越プランと比べて手間の分だけ料金は高くなりますが、引越し業者のスタッフがほとんどやってくれますので引越しの際の負担が減ると思います。赤ちゃんやお年寄りがいる家庭では引越の準備もなかなかできませんからこういったパック商品を利用するのが、楽に引越しできてよいですよね。

 

■単身引越し
単身赴任などで一人で引越しする場合は、単身引越しパックのようものが便利です。一人暮らしの人が自分だけ引越しをする場合は、家族の引越しとは、また違ったところがポイントになります。自分ひとりで引越しをする場合は、それほど大きな家具もないでしょうし、荷物も自分の分だけですから、それほど多くならないでしょう。単身の人が家族向けの引越しのプランにあるダンボールなどの無料サービスや保険などは、それほど必要としないかもしれません。それよりも引越し作業の代金をできるだけ、安くやってもらった方がいいという人が多いと思います。単身引っ越しの場合は、荷物の梱包なども簡単でいいことが多いですし、引越し先まで、荷物を運ぶトラックの助手席に一緒に乗って行ける、というサービスを行っているプランが一般的です。単身赴任などの場合には単身用の、学生の場合には、それに合っているようなサービスがある引越しプランもあるので、それを申し込んだほうか、料金も安く済みますし、ちょうどいいサイズの梱包なども用意されているので便利だと思います。単身引っ越しパックは、わりと多くの引越し会社であるのではないかと思いますので、一度比較してみて自分にとって一番都合のいいものはどれかこれが一番よさそうというものを頼んだらいいと思います。単身の引越しは家族向けの引越しに比べてそれほど料金も高くならないでしょう。

 

■自分で引越し
引越しを自分でやろうと思っている人も多いのではないでしょうか。引越しを自分でやってしまおうという場合のいいところやそうでもないところ、それについてちょっと書いてみたいと思います。なんといっても、引越しを自分ですることのメリットはなんといっても、引越し屋さんを頼むお金がいらなくなりますので、安く引越しができるということがあります。また、自分でやってしまった方が、気楽にできるというのもあるようです。引越し業者を手配した場合では、初めて会う引越し屋さんのスタッフに、どうするのかいろいろと説明したり予定外のこともなにかと起こりえますし、作業はしてもらえますが、なにかと気疲れするものです。引越し業者に頼まないで自分でする場合は、仲間や家族で引越しすることができますから楽しいというメリットもあります。ただ、自分で引越し作業をやる場合は、いいことだけでなくよくないところもあります。引越しを自分で行う場合の困ったところはひょっとして、引越し業者に頼んだ方が安かったということもよくあるようです。例えば、作業を手伝ってもらった友達に、食事をおごったり、何かお礼のものをあげたりしますから、トラックやワゴン車などを借りてきたり後から考えると引越しを業者に頼んだほうが安くついたということは多いようです。また引越しを自分で行うときには、引越し会社の作業員のように、ちゃんと教育研修を受けたプロとは違いますから、実際にはそういうことは多いと思いますが、家具を傷つけたり、トラブルもいろいろと発生するものです。ですから引越し業者を使わない方法はメリットもありますが現実には、引越し業者を使った方が安かったということもあるので、一応そういうこともあることを知っておくとよいと思います。

 

 

北海道から福岡への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北海道から福岡への引越し概算見積もり額は
おおよそ60,000 〜 250,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北海道から福岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ80,000 〜 350,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北海道から福岡への引越し概算見積もり額は、
おおよそ100,000 〜 450,000円の費用が相場です。

上記は、北海道から福岡への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

北海道から福岡への引越し 参考データ

北海道、福岡間の直線距離は約1417km(県庁所在地間)

 

■福岡市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
福岡市役所 福岡市中央区天神1丁目8番1号 代表電話:092-711-4111
【電力】
福岡東営業所:福岡市東区名島二丁目19番12号 0120-986-204
福岡市東区・博多区(一部)、宮若市(一部)、糟屋郡

 

福岡営業所:福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号 0120-986-205
福岡市中央区(一部)・南区(一部)・博多区(一部)、筑紫郡那珂川町(一部)

 

福岡西営業所:福岡市西区姪浜駅南一丁目9番20号 0120-986-206
福岡市城南区・早良区(一部)・西区・中央区(一部)・南区(一部)、糸島市

 

福岡南営業所:筑紫野市二日市西一丁目6番5号 0120-986-207
福岡市博多区(一部)・南区(一部)・早良区(一部)、飯塚市(一部)

 

【ガス】
西部ガスお客様センター電話:092-633-2345  
受付時間:月曜日〜金曜日(祝日を除く) 9時〜19時
土曜日(祝日を除く) 9時〜17時

 

 

【水道】
福岡市水道局お客さまセンター 電話番号:092−532−1010
受付日・受付時間  
月曜日〜金曜日:午前8時45分〜午後5時30分
土曜日:午前9時00分〜午後5時00分
※日曜、祝日、年末年始は受け付けておりません。

 

■北九州市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
北九州市役所(本庁) 住所:〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号

 

【電力】
九州電力
小倉営業所 0120-986-101
北九州市小倉北区・小倉南区・門司区・戸畑区

 

八幡営業所 0120-986-102
北九州市八幡東区・八幡西区・若松区・戸畑区(一部)

 

【ガス】
西部ガス お客さまセンター 093-622-0266
月〜金(祝日除) 9:00〜19:00
土(祝日除) 9:00〜17:00

 

【水道】
北九州市上下水道局お客さまセンター. 093-582-3031.
(月曜から土曜日 8時30分から19時)